お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

無効になったら、どうなる?遺族は困る?

遺言書をつくっていたけれど無効であることがわかったら、遺言書がない場合と同じ流れで相続が進められます。法律で定められた相続の割合で、相続人全員が納得できれば、そこで相続は完了しますが、1人でも不満をもつ相続人がいれば、話し合い、それでも結論が出なければ、裁判所での調停・審判となります。遺言書がない場合と異なるのは、“遺言書が無効である”と判断されるまでに時間がかかれば、それだけ相続が長引く可能性がある点です。

たとえば、“印鑑が押されていない”など、無効であることが明らかな場合は、すぐに遺産分割の話し合いを始めることができますが、有効か無効かが簡単にはわからず、専門家(弁護士など)や裁判所の判断が必要になるような場合は、無効であることがわかるまでに時間がかかり、その分、相続の完了が遅くなることもあるでしょう。また、無効ではあっても、遺言書を見たことで、“遺言書に書かれているより、相続する財産が少なくなった”といった不満をもつ相続人も出てくるかもしれません。

もちろん、遺言書がのこされていることで遺族が助かるというケースも多いので、遺言書は書いておくことをおすすめします。しかし、遺族のためを思ってつくった遺言書が無効になってしまうことで、新たなトラブルのもとにならないように気をつけたいところです。