お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

遺言書の内容は、生きている間に遺族にばれてしまう?

「公正証書遺言」は、2人の証人の前で作成されるものですので、証人の口から遺言の内容がばれてしまう危険はゼロではありません。

「秘密証書遺言」は封印(封筒の口をのり付けし、とじ目に印鑑を押すこと)したものを、自分の遺言書であると証明してもらうものなので、遺言書を封印するまで(作成の途中)に見られないように気をつけておけば、内容がばれてしまう危険は少ないでしょう。

「自筆証書遺言」についても、必ずしなければならないことではありませんが、封印をしておけば、内容がばれてしまう危険は少ないです。

それぞれの遺言書についての詳しい説明は遺言書の種類をご覧ください。