お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

どこに保管すればいい?誰かに預けるべき?

どのような形で遺言書をつくったかによって、保管についても変わります。

まず、「公正証書遺言」という形でつくった場合は、原本は公証役場で保管されます。正本と謄本(それぞれ1通ずつ)は遺言者が保管しますが、もし失くしてしまっても、原本は残っているため、公証役場で再発行してもらえます。失くしてしまったり、見つけた人に書き換えられたりといった心配はないので、“見つけてもらいやすい場所”に保管するか、少なくとも遺言書があることだけは分かるようにしておきましょう。せっかくつくった遺言書も、見つからなければ(探してもらえなければ)役に立たなくなってしまうので、この点には気をつけなければいけません。

次に、「自筆証書遺言」や「秘密証書遺言」という形でつくった場合は、原本1通なので、“見つけてもらうこと”も大事ですが“無くならないこと”、“発見者に捨てられたり、書き換えられたりしないこと”も大事です。銀行の貸金庫であれば、どの条件もクリアできそうですが、問題として、貸金庫を開ける手続きに時間がかかってしまう場合があります。自宅であれば、鍵の付いた引き出しや金庫などが保管場所として考えられます。

信頼できる親族・友人や専門家(税理士や弁護士など)に預けておくのも良いでしょう。

ただし、誰かに預ける場合は注意点が2つあります。1つは、遺言書を預ける相手を相続に関係のない人にすることです。書き換えられる危険がないとはいえませんし、もし預けた人に有利な遺言なら、その人が書き換えたと疑われてしまう危険もあるためです。もう1つは、遺言者が亡くなった際に、そのことが遺言書を預けた相手に必ず伝わるようにしておいてください。

それぞれの遺言書についての詳しい説明は遺言書の種類をご覧ください。

 

※公証役場…公証人が執務する場所

※公証人…「公正証書遺言」の作成をしてくれる法律の専門家であって、法務大臣が任命する公務員

※正本…原本の写しで、署名(自分の名前を自筆したもの)と捺印(印鑑を押したもの)が省略されたもの。原本と同じ効力をもつ。

※謄本…原本の写し。内容確認のためのもの。