お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

有効期限ってあるの?

例外的なもの(特別な状況で作成されるもの)を除けば、遺言書には有効期限はないため、たとえ何十年も前に書かれたものでも、“時間がたっているから”という理由では無効になりません。

しかし、長い年月がたてば、財産の状況が変わることもありますし、相続予定だった人が先に亡くなってしまうこともあります。有効期限が無いからといって、一度書いてしまえば終わりではなく、状況の変化に応じて、遺言書の内容を見直した方が良いでしょう。

また、複数の遺言書が見つかって、きちんと有効となる条件をみたしている場合は、遺言書の種類に関係なく、最も日付の新しい遺言書の内容が優先されます。(例えば、古い日付の「公正証書遺言」と、新しい日付の「自筆証書遺言」が見つかり、どちらも有効であれば新しい日付の「自筆証書遺言」が優先です。)ただし、新しい遺言書が見つかったからといって、古い遺言書の内容のすべてが無効になるわけではなく、最新の遺言書の内容と矛盾がない部分(どちらの遺言書の内容も両立できる場合など)については、引き続き有効になります。