お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

自筆でも(自分で書いても)署名は無いとダメ?

遺言書には、例外的なもの(特別な状況で作成されるもの)を除いて3種類ありますが、いずれの形式でも、署名(自分の名前を自分で書いたもの)は無いといけません。ただし、「公正証書遺言」については、署名ができない場合は、公証人がその理由を書くことで、署名の代わりにすることができます。

 

※公証人…「公正証書遺言」の作成をしてくれる法律の専門家であって、法務大臣が任命する公務員

「公正証書遺言」についての詳しい説明は 遺言書の種類 をご覧ください。