お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

パソコンやワープロ、動画や音声での遺言は無効?

まず、パソコンやワープロでの遺言書の作成について。「自筆証書遺言」であれば、遺言書本文とは別の用紙で財産目録を添付する場合、別紙の財産目録だけはパソコンやワープロでも作成可能です(平成31年1月13日施行の法律)。ただし、別紙財産目録の各ページすべてに署名押印が必要ですので注意しましょう。別紙財産目録以外は、日付や名前等も含めてすべて自筆でなければ無効とされてしまいます。「公正証書遺言」や「秘密証書遺言」の場合は、署名(自分の名前を自分で書いたもの)があれば、それ以外の部分がパソコンやワープロでつくられていても問題ありません。

また、動画や音声での遺言は、上にある3つ(「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」)のいずれの場合も、無効となります。ただし、動画や音声の存在は、別に有効な遺言書がある場合には、遺言者の当時の意思能力や気持ちをより具体的に把握するのに有用な資料となります。

それぞれの遺言書についての詳しい説明は 遺言書の種類をご覧ください。