お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

クレーマー対応

こんなお悩みがある方へ

  • 取引先から、謂われのないクレームを付けられている。
  • 客から小さな不備に目を付けられ、大きな損害賠償を請求された。
  • 依頼したつもりもないのに、費用を請求された。
カテゴリー
苦情
ミス
因縁
損害賠償請求
慰謝料請求

当事務所に相談後はどうなる?

  • 不当な金銭要求からの解放(取引・客との対応は全て引き受けます。)
  • 不当な圧力を受けなくなる。
  • 刑事事件になる場合は刑事告訴を勧めます。

山岡弁護士が選ばれる理由

  1. 速やかに受任通知を送付し、相手方との対応を引き継ぎます。
  2. 明瞭な費用

実績(お喜びの声)

不当な請求をうけなくなりました。(60代 男性)

よくある質問

Q:刑事事件になることもありますか?

A:クレーム態様によっては、犯罪(恐喝、強要、信用毀損、業務妨害、名誉毀損、侮辱罪等)が成立する可能性があります。