呉駅徒歩3

Contents ご相談内容

Contents 隣の家との境界があいまいな箇所があり、はっきりさせたいが、どうすれば良いか?

まずは、所有地の角に境界を区別するための目印(境界標)があるかを確認しましょう。もし、所有地の角すべてに境界標があり、その位置が地積測量図(法務局にて管理)及び道路図(市役所等にて管理)と一致すれば、その境界標をつないだものが境界(筆界)となります。

境界標がない場合は、筆界特定制度を利用して、筆界を特定することができます。筆界特定の申請をすると、筆界特定登記官が、筆界調査委員や関係者らに意見を聞いた上で筆界を特定してもらえます。申請手数料は高額ではありませんが、測量が必要になればその費用負担が必要となります。

ただし、隣人が越境して塀やフェンス等を設置している等、既に隣人と境界に関して揉めている場合は、筆界を特定しても、問題が解決しない可能性があります。特に、塀やフェンス等がつくられてから、長期間たってしまっている場合は、筆界を越えた部分も相手の所有とされてしまう可能性がありますので注意が必要です。詳しくは隣の家が境界を越えて壁を勝手に作り始めた。もご覧ください。

隣人との交渉がうまく行かない等、お困りのことがあれば、是非、一度無料相談にお越し下さい。

専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます! 専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます!

まずは無料相談をご予約ください! 0823-36-52550823-36-5255 [受付時間:平日9:00~18:00]
山岡 嗣也(やまおか つぐや)