呉駅徒歩3

Contents ご相談内容

Contents 突然の退去を求められた。

貸し主から退去を求められても、貸し主側に正当な理由がなければ、賃貸借契約を一方的に解除することはできないので、退去する必要はありません。

例えば、賃料の未払いが続いていて、督促を受けても支払うことができない場合は、契約の解除が認められてしまうため、退去しなければなりません。そのほか、ペット禁止であるにもかかわらず、ペットを飼育していた場合や、住居として使用する契約であったにもかかわらず、店舗として使用していた場合など、契約違反となる行為を借り主がしているケースも退去が求められる事由になります。

また、上記と異なり、貸し主の事情により退去が求められるケースとしては、建物の老朽化により、取り壊しや建て替えの必要がある場合や、貸し主が住居として使用したい場合などがあります。これらのケースでは、老朽化の程度(倒壊などの危険がある等)や貸し主・借り主双方の事情によっては、退去が必要となりますが、退去の際に、立退料を請求することができます。

専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます! 専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます!

まずは無料相談をご予約ください! 0823-36-52550823-36-5255 [受付時間:平日9:00~18:00]
山岡 嗣也(やまおか つぐや)