呉駅徒歩3

Contents ご相談内容

Contents 賃借物を原状に回復するということが契約書にありますが、どこまでの回復が必要なのでしょうか?

賃借人は、賃貸借契約終了の際には、賃借物を原状に回復して賃貸人に返還する必要があります。もっとも、通常の使用によって、経年変化により生じる劣化・損耗についてまで回復する必要はありません。具体的には“壁や床の色が、日焼けにより変わってしまった”、“家具の設置によって、床にへこみが生じてしまった”という程度の損傷がこれに該当します。

しかし通常の使用を越える程度の行為によって発生した汚れやキズは原状回復義務があり、この修繕に要する費用を支払う必要があります。例えば、“室内でタバコを吸っていたことで、壁が変色してしまった”、“掃除を怠ったことで、シミやカビが発生してしまった”、“ペットが柱を傷つけてしまった”といった、借り主の過失等により修繕の必要が生じたといえる場合については、借り主がそれらの修繕にかかる費用を負担することになります。

専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます! 専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます!

まずは無料相談をご予約ください! 0823-36-52550823-36-5255 [受付時間:平日9:00~18:00]
山岡 嗣也(やまおか つぐや)