呉駅徒歩3

Contents ご相談内容

Contents 母親が亡くなった。父親もすでに亡くなっており、兄と私で相続することになると思うが、どのような財産が残っているのかわからない。

財産として考えられるのは、現金、預貯金、不動産(土地・建物)、株式、動産(自動車・宝石・貴金属)、保険契約などがあります。そのほか、ローンや借金など、負債がある可能性もあるため注意が必要です。
まずは遺品整理を行い、通帳やキャッシュカード、不動産の権利証や固定資産税の納税通知書、株式や保険の証券などがないか確認しましょう。そのほか、郵便物や通帳の取引履歴などから、預貯金や保険契約、金融機関からの借り入れ等が明らかになることもあります。

通帳等が見つからない場合、各金融機関に照会し、預貯金があるかや取引履歴を開示してもらうことも可能ですが、ある程度、どの金融機関で取引があったかがわからなければ、時間や費用がかかってしまいます。これは、株式や保険契約などについても同様ですので、遺品整理は慎重に行いましょう。

また、負債があり、相続放棄の可能性があるのであれば、特に時間に注意が必要です。相続放棄が可能なのは被相続人(母親)が亡くなったことを知ってから3か月です。もし、遺産がプラスであるか、マイナスであるか、わかるまでに時間がかかってしまうようであれば、相続放棄の期限を3か月延長することも必要になります。

詳しくは30分無料相談にお越しください。

専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます! 専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます!

まずは無料相談をご予約ください! 0823-36-52550823-36-5255 [受付時間:平日9:00~18:00]
山岡 嗣也(やまおか つぐや)