呉駅徒歩3

Contents ご相談内容

Contents 遺言書を見ると、自分の相続分が無かった。自分は遺産を全くもらえないのか?

特定の相続人が、最低限、相続する権利を主張できる遺産の割合のことを遺留分といいます。遺留分を請求することが出来るのは、相続人のうち、亡くなられた方の配偶者・子(孫)・両親です。兄弟姉妹については、たとえ相続人であったとしても遺留分を請求することはできません。
たとえ、遺産の取り分がないような遺言書が残されていたとしても、遺留分については請求することが可能です。遺留分は、以下の場合を除いて、基本的に法定相続分の半分となります。

  • 配偶者や子がおらず、母親や父親(または祖父母)が相続人の場合、その遺留分は3分の1(両親とも存命の場合は父親6分の1、母親6分の1)。
  • 配偶者と兄弟姉妹が相続人となっている場合、配偶者の遺留分は2分の1、兄弟姉妹はいずれも遺留分は0。

詳しくは30分無料相談にお越しください。

※法定相続分…相続人の立場によって、法律で定められている相続の割合のこと。
詳しくは、遺言書がないが、自分はどのくらい相続できるのか?をご覧ください。

専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます! 専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます!

まずは無料相談をご予約ください! 0823-36-52550823-36-5255 [受付時間:平日9:00~18:00]
山岡 嗣也(やまおか つぐや)