呉駅徒歩3

Contents ご相談内容

Contents 遺言書がないが、自分はどのくらい相続できるのか?

相続人の立場によって、法律で定められている相続の割合を法定相続分と言います。例としては、以下のようになります。

  • 相続人が配偶者と子1人→配偶者が2分の1、子が2分の1
  • 相続人が配偶者と子2人(AとB)
    →配偶者が2分の1、子Aが4分の1、子Bが4分の1
  • 相続人が配偶者と母親→配偶者が3分の2、母親が3分の1
  • 相続人が配偶者と両親→配偶者が3分の2、父親が6分の1、母親が6分の1
  • 相続人が配偶者と兄→配偶者が4分の3、兄が4分の1
  • 相続人が配偶者と兄と妹→配偶者が4分の3、兄が8分の1、妹が8分の1

など

遺言書がある場合は、原則、遺言書の内容にしたがって遺産が分配されるなど、必ずしもこの割合でなければならない、と言うものではありません。

詳しくは30分無料相談にお越しください。

専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます! 専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます!

まずは無料相談をご予約ください! 0823-36-52550823-36-5255 [受付時間:平日9:00~18:00]
山岡 嗣也(やまおか つぐや)