呉駅徒歩3

Contents ご相談内容

Contents 遺言書は書いた方がいいの?争いは減る?

「面倒を見てくれている長男に、遺産を多く渡したい」「子どもがいないので、妻にすべての遺産をのこしたい」など、特定の人に渡したいというような気持ちがあれば、もちろん遺言書を書いておくべきです。そのような気持ちがない場合も、遺族の話し合いによる遺産分割が難しいようであれば、遺言書を書いておいたほうが良いでしょう。遺言書があれば、その内容が優先されるので、遺産分割による争いを防ぐことができるかもしれません。

遺族の話し合いによる遺産分割が難しいケースとしては、「子どもたちの仲が悪い」、「相続人の中になかなか連絡のとれない人がいる」といった理由で、話し合い自体が難しいような場合が考えられます。また、現金や預金などと違い、不動産(土地や建物)のように、単純に分けることが難しいものがある場合は、遺族の仲の良し悪しに関わらず、話し合いで結論を出せないこともあります。

遺族が争ったり、思い悩んだりすることができるだけなくなるよう、遺言書は書いておくことをおすすめします。

専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます! 専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます!

まずは無料相談をご予約ください! 0823-36-52550823-36-5255 [受付時間:平日9:00~18:00]
山岡 嗣也(やまおか つぐや)