呉駅徒歩3

Contents ご相談内容

Contents 遺言書の内容は絶対なの?

基本的には遺言書の内容が優先されますが、相続人全員の意見が一致している場合は、遺言書がのこっていたとしても、相続人の話し合いにより決めることもできます。また、たとえば“妻にすべての遺産を渡す”といった遺言をのこした場合、遺留分をもらう権利のある人が他におり、その人が遺留分を請求すれば、遺留分だけはその人へ渡すことになるため、遺言書の通りにはならないこともあります。

そのほか、“葬儀をしないでほしい”などの遺言をのこすこともできますが、これには法的な効力はなく、あくまでお願いとして伝えることになります。

※遺留分…特別な場合を除いて、遺産のうち“最低でもこれだけはもらえる”と認められている割合のこと。遺留分の権利があるのは、遺言者の配偶者(夫または妻)、子ども(実子、養子。すでに子が亡くなっていれば、孫。)で、遺言者の子どもや孫がなければ、直系尊属(実父、実母、養父、養母。すでに両親が亡くなっていれば、祖父母。)も対象となります。

専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます! 専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます!

まずは無料相談をご予約ください! 0823-36-52550823-36-5255 [受付時間:平日9:00~18:00]
山岡 嗣也(やまおか つぐや)