呉駅徒歩3

Contents ご相談内容

Contents こんな時、離婚できる?できない?

1.相手に不貞行為があったとき

配偶者に不貞な行為があったときは離婚できます。
簡単に言えば、一方の配偶者が浮気したときの事をいいます。
一方の配偶者と不貞相手との間に、性的関係がある場合は離婚できます。

2.相手から悪意で遺棄されたとき

配偶者から悪意で遺棄されたときは離婚できます。
正当な理由のない同居拒否一般、同居・協力・扶助義務または婚姻費用分担義務の不履行一般を含みます。これは具体的には、一方の配偶者が故意に自宅に置き去りにしたまま、帰宅しない場合などのことをいいます。同居はしているのに配偶者らしい扱いをしなかったり、自宅から追い出したり、別居せざるを得ないように仕向けたりする状態が一定期間に渡って続くと「悪意の遺棄」に相当し、離婚できます。ただし、職務上の単身赴任・療養治療のための別居・夫婦関係を調整するための別居など、正当な理由がある場合は離婚できないこともあります。

3.相手の生死が3年以上不明であるとき

配偶者の生死が3年以上明らかでないときは離婚できます。
最後に一方の配偶者が生きていると確認できたときから3年以上経過し、今もなお生死不明の状態が続いていることを証明できれば、離婚ができます。ただし、別居・行方不明・住所不定は、ここに含まれません。離婚を申し立てる際に、なぜ生死不明になったのかという理由は、特に必要ありません。なおこの場合、裁判所は一方の配偶者の意見を聞くことができませんので、調停を行わず、いきなり家庭裁判所にて裁判(離婚訴訟)を行うことになります。

4.相手が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないときは離婚できます。
これは、一方の配偶者に、正常な婚姻生活を継続できない程度の重い精神障害があることをいいます。
裁判所も「ただ病気になった相手を突き放す」という離婚を認めるわけにはいかないので、以下の点を明確にしておくことが重要です。

(離婚を考えている方へ知っていただきたいこと)

  • 精神病にかかった夫(妻)のために、ある程度の期間は治療や介護に協力し、誠意を持って尽くす努力をしたかどうか
  • 離婚した後に、精神病にかかった夫(妻)が日常に困らない生活を送るために、経済面および精神面で、具体的な対策がたてられているかどうか

5.婚姻の継続が困難な重大な理由があるとき

その他婚姻を継続し難い重大な事由があるときは離婚できます。
夫婦関係が破綻し、関係回復が不可能なときは、裁判所がその事情を検討します。
これは、どのようなケースが「重大な事由」に該当するかどうかいう事ですが、具体的には下記のような場合があります。

  • 性格の不一致
  • DV
  • 夫(妻)の親族トラブル
  • 性生活の不一致
  • 犯罪行為による服役 など

これらに該当しない場合であっても、内容によっては離婚が成立するケースは多くあります。しかし、お互いに努力・譲歩すれば改善の見込みがあると判断されれば、離婚は認められないこともあります。

専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます! 専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます!

まずは無料相談をご予約ください! 0823-36-52550823-36-5255 [受付時間:平日9:00~18:00]
山岡 嗣也(やまおか つぐや)