呉駅徒歩3

Contents ご相談内容

Contents 民事再生できるのはどんな場合ですか?

民事再生の申立てを行うためには、裁判所に予納金を納めることになり、さらに弁護士に手続きを依頼する場合はその費用などもかかります。まずは、これらの資金が残されている必要があります。

また、債権者の過半数から再生計画案についての同意を得られること、かつ、再生計画案に同意した債権者らが債権総額の半分以上となる見込みがあることも、民事再生の手続きが開始されるために必要な条件となります。

いずれにしても、“会社に余力が残っていること”が大事であるため、なるべく早い段階で、一度弁護士等に相談しておくことをお勧めします。

専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます! 専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます!

まずは無料相談をご予約ください! 0823-36-52550823-36-5255 [受付時間:平日9:00~18:00]
山岡 嗣也(やまおか つぐや)