呉駅徒歩3

Blog 弁護士ブログ

Blog 弁護士ブログ

公園内の事故について

子どもが適切に遊具を利用していたにもかかわらず、遊具が破損し転落した子どもがケガをしてしまったら、誰に何を請求することになるでしょうか?

責任はどこにあるのか?

公園の遊具に不具合があり、それが原因で子どもがケガをした場合、責任は管理者が負うことになるため、都道府県・市区町村や管理運営会社などを相手として賠償を請求します。

どのような賠償請求ができるのか?

通院にかかる費用(治療費や保護者の付添費など)やケガの程度によって慰謝料が請求できます。また、後遺障害がある場合は、逸失利益(ケガ等による労働能力の低下がなければ、将来的に得られたであろう収入)についても請求することができます。

専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます! 専門用語を使わず、わかりやすく丁寧にご相談に応じます!

まずは無料相談をご予約ください! 0823-36-52550823-36-5255 [受付時間:平日9:00~18:00]
山岡 嗣也(やまおか つぐや)